カテゴリーアーカイブ オンカジの雑学

著者:familyshowsofhou

オンラインカジノでも知っておきたいブラックジャックのテーブル

ブラックジャックはテーブルで行うカードゲームの定番です。
しかし、そんなブラックジャックでプレイするテーブルですが、このテーブルによってルールが異なっていたり、あるいはベットする金額の単位が異なっていたりします。
つまり、テーブルによってブラックジャックのゲームは時に異なったルールでプレイすることを意味します。

このテーブルによる違いは、実際のカジノはもちろんのこと、オンラインカジノでも例外ではありません。
そんなブラックジャックのテーブルについて今回、テーブルによって異なるルールやベットする金額の違いなどを中心にお話しします。
また、専用テーブルや日本語テーブルといった話題についても触れていきます。

ルールがわかるように書かれているブラックジャックのテーブル

ルールがわかるように書かれているブラックジャックのテーブル
ブラックジャックのテーブルには、テーブルごとのルールがかかれています。
このルールの記載は、オンラインカジノでも同じです。
具体的にどのようなことが書かれているかというと、ブラックジャック、つまりカードの合計が21で勝った場合の配当倍率とディーラーに課せられたルール、そしてインシュランスが適応になった場合の対応です。

ブラックジャックで勝った場合の対応は、「BLACKJACK PAYS 3 TO 2」と記載されています。
この意味は2ドルの配当金を3ドル(ドルでやり取りしている場合)にするという旨の内容です。
つまり、通常の配当金の1.5倍で払戻すという意味になります。

次にディーラーに課せられたルール、これは「Dealer must stand on 17 and must draw to 16」と記載されていることがほとんどです。
このルールの意味は、カードの合計が17以上だった場合は必ずスタンド(プレイヤーと勝負すること)を行い、16以下だった場合はカードをヒット(引く)しなければいけないという意味になります。
オンラインカジノを含むほとんどのカジノでこういった記載があり、プレイする前に一度確認してみるのもおすすめです。
こういったルールがディーラーに課せられているので、ベテランのディーラーでも新人のディーラーでも、ほとんど同じ実力になりやすいため、公平性が確保されているといえます。

3つ目はインシュランスに関するものです。
インシュランスとは保険という意味の言葉で、ディーラーが万が一ブラックジャックを出して来たら、インシュランスを払っていればベットした金額を払い戻すというルールになります。
このルールは、ディーラーが必ず見せなければいけない手元の1枚のカードにエースが入っていた場合に行えます。
テーブルには多くの場合「INSURANCE PAYS 2 TO 1」と書いてあり、ベットした金額の半額を支払えば保険が掛けられるという意味です。

このようにテーブルには3行の言葉が書かれてあり、この記載によってそのテーブルのブラックジャックのルールが分かるようになっています。
こういった演出はオンラインカジノでもきちんと再現されているので、プレイする場合は一度確認してみてはいかがでしょうか。

ブラックジャックのテーブル金額について

ブラックジャックのテーブル金額について
ブラックジャックのテーブルはテーブルリミットと呼ばれるものがあります。
このテーブルリミットは、各テーブルの最低金額や最大金額といった1回のベットで賭けられる金額の制限です。
このリミットの最低金額が安いほど気軽にプレイできて、高い金額ほど勝ったときの配当金額も大きいということが分かります。

このリミットはオンラインカジノの場合、分かりやすく表示されていることがほとんどなので、自分の予算や戦い方に合ったテーブルでプレイするのがおすすめです。
またオンラインカジノによって最低金額が1ドル程度のものから5ドル程度のもの、場所によっては0.5ドルからプレイできるところもあるので、そういった点にも注目しましょう。

専用テーブルや日本語テーブルを紹介

専用テーブルや日本語テーブルを紹介
オンラインカジノのブラックジャックには専用テーブルがあります。
この専用テーブルとは、そのオンラインカジノ独自のテーブルのことで、他のオンラインカジノにはない、ユニークな演出やルールを採用しているテーブルです。
テーブルの表記に自社のオンラインカジノのロゴが入っていたり、ライブカジノのブラックジャックで専属のスタッフがそのオンラインカジノのためだけにプレイしているというものもあります。
いずれにしても特別感があり、ブラックジャックをよりエキサイティングに遊びたい場合におすすめです。

日本語テーブルは、なんと日本語がわかるディーラーが対応するブラックジャックのライブカジノのテーブルです。
海外のサービスなので外国人が対応することもあり、やや不思議な日本語のこともありますが、海外在住の日本人の場合もあるため、ライブカジノの中でも、特にプレイしやすいテーブルといえます。

このようにオンラインカジノによって様々なテーブルがあるということを把握しておけば、より楽しくブラックジャックをプレイできるのではないでしょうか。

著者:familyshowsofhou

ベラジョンカジノのスロットマシンランキング・プロバイダー編

多くの日本人に利用されていることで知られているベラジョンカジノは、ライブゲーム、ソフトテーブルゲーム、スロットマシンと多くのゲームラインアップを提供しているオンラインカジノです。

 現在(2021年1月時点)、スロットマシンのリリース数は1,515機種にも及びます。
採用されているプロバイダーの数は38社にもなります。
この数はベラジョンカジノとプロバイダー企業の契約状況によって、時期によって増減をするものではありますが豊富なライナップをそろえていることは確かです。

 では、ベラジョンカジノはどのプロバイダーのスロットマシンが充実しているのかプロバイダー別、スロットマシンリリース数をまとめていくことにします。

第1位Play’nGO社・168機種

第1位Play’nGO社・168機種
 ベラジョンカジノで最も数多くスロットマシンをリリースしているプロバイダーは、Play’n GO社です。
その数、実に168機種にも及びます。
定期的に新作スロットマシンをリリースしている現状を考えると200機種を超える日も、そう遠くないと想像できます。

 Play’n GO社を代表する人気のスロットマシンといえば「Moon Princess」・「Reactoonz」・「Golden Ticket」などがあげられます。
大手老舗のプロバイダーとはいえ多くの人気スロットマシンを含む、このリリース数には圧倒されます。

第2位PragmaticPlay社・139機種

 ベラジョンカジノでのリリース数で第2位となるのは、Pragmatic Play社です。
こちらもPlay‘n GO社と同様に大手プロバイダーとしてよく知られる企業です。
リリース数の合計は139機種となっています。

Pragmatic Play社を代表する人気のスロットロトマシンは、「Sweet Bonanza」・「The dog house」・「Mustang Gold」などがあげられます。
一撃で超高額な配当を生じる可能性のあるスロットマシンの魅力が高いプロバイダーです。

第3位RedTiger社・132機種

 第2位と僅差の第3位は、Red Tiger社です。
ベラジョンカジノでのスロットマシンリリース数は132機種となっています。
このRed Tiger社は2019年にNet Ent社との買収契約を締結し、Net Ent社に統合されています。
大手プロバイダーでもあるNet Ent社との統合によりより力を強化したプロバイダーとなることでしょう。

 ベラジョンカジノでRed Tiger社の人気スロットマシンといえば「Wild Circus」・「Mystery Reels」・「Dragons Fire」などが人気となっています。
Mystery図柄をうまく活用したスロットマシンの魅力が高いプロバイダーです。

第4位Microgaming社・125機種

第4位Microgaming社・125機種
 第4位は、125機種のスロットマシンをリリースしているMicrogaming社です。
Microgaming社の最大の魅力はジャックポット機能搭載のスロットマシンと言えます。
ベラジョンカジノでもリリースされている「Mega Moolan」は、過去に20億円を超えるジャックポット当選を輩出したスロットマシンとしても良く知られています。

 この他に「Immortal Romance」・「Play Boy Gold」などのコラボしたスロットマシーンが豊富という特徴もあります。

第5位NetEnt社・122機種

 第5位は、こちらも大手プロバイダーのNet Ent社です。
先に紹介したRed Tiger社を買収し統合した企業です。
買収後も別ブランドでスロットマシンをリリースしいていますが、第3位と第5位の上位ランクを獲得しているので実質1位ともいえることになります。

 ベラジョンカジノで人気の高いスロットマシンとしては、「Dead or Alive」・「Divine Fortune」・「Star Burst」などがあげられます。
長く人気を維持するスロットマシンが多く提供されているプロバイダーです。

惜しくも上位を逃したプロバイダーは

惜しくも上位を逃したプロバイダーは
 惜しくも上位ランクインを逃したプロバイダーには「Yggdrasil Gaming社」・「Gamomat社」・「isoftBet社」などがあります。
いずれも70機種~90機種に及ぶスロットマシンをリリースしています。
同時に中堅プロバイダーとしての認知も広くされている企業です。
これからリリースされるスロットマシンによっては、ランキング上位の大手プロバイダーを脅かす存在になるかもしれません。

ベラジョンカジノのスロットランキングまとめ

 当然と言えば当然の結果となりました。
上位にランクインしたプロバイダー企業は、大手で、且つ老舗と言われるプロバイダー企業が独占しました。
しかし、スロットマシンを配給するプロバイダー企業の競争は非常に熾烈です。
Net Ent社による、Red Tiger社の買収もその一端ですが、後続の新規参入企業にも勢いがある実情があります。

ベラジョンカジノはそんな新規参入プロバイダーの採用もこれまで積極的に行っています。
今や高い人気を誇る「Golde Hero Games」の採用もベラジョンカジノは非常に早く行い、人気の火付け役の一端を担いました。
今では、「Hawaiian Dream」を始めとする同社が配給するスロットマシンが多くのオンラインカジノで採用され、高い人気を集めています。

 このことからもベラジョンカジノのスロットマシンは新作から安定した人気を継続するスロットマシンまで多種多様なスロットマシンが楽しめるオンラインカジノであることは間違いがありません。

著者:familyshowsofhou

人気の仮想通貨「ビットコイン」の信頼性と利便性

ビットコインとは

ビットコインとは

ビットコインはインターネット上で使用できる仮想通貨(暗号通貨)の1つで、現在最も人気のある仮想通貨です。
2009年にSatoshi Nakamotoがビットコインの仕様とコンセプトを証明した論文に基づき運用が開始されました。

E-mailと同様に、ビットコイン・ネットワークを所有する管理者はなく、世界中のユーザーによって管理されています。
ビットコインはフリーソフトウェアであり、現在もWladimir J. van der Laanなど世界中の開発者達によってソフトウェアの改善を進めていますが、全ユーザーの完全な合意がなければプロトコルを変更する事はできません。

ビットコインの価格は、日本円に換算すると2013年初頭には1ビットコインは1万円を超えていませんでしたが、2017年末には200万円を超えるまでに高騰しました。
現在の価格は115万円~120万円の間で推移しています。

ビットコインの特徴

日銀やFRPは円やドルを経済情勢に合わせ発行する量を調整することが可能ですが、ビットコインの発行枚数は2,100万枚と決まっており、金と同様に希少性が高いと言えます。

また、円やドルなどの法定通貨と交換することが可能で支払いや送金に使うことが可能です。
スマホなどのモバイル端末でビットコインを使用する際は、「スキャンして支払う」という僅か2ステップで支払いが完了します。
登録する、カードリーダーに通す、PINを入力する、サインをするなどの手間をかける必要はありません。
支払いを受ける際は、ビットコインウォレットのアプリでQRコードをスキャンすれば完了です。

Eメール同様、ビットコインを受け取る人に対して、自分と同じビットコイン・ソフトウェアやウォレット、プロバイダを介する必要がなく、受領者のビットコインアドレスさえあれば、いつでも何処でも取引を行う事ができます。
ネットワークシステムは常に稼働しているため、ユーザーは週末や祝日でも取引をすることが可能です。

ビットコインを受け取る際の手数料は無料で、送信手数料に関しては、使用しているオペレーションシステムや用途などの違いから選んだウォレットにより異なりますが、比較的安価であり送信するビットコインの量によって変わるのではなく、1回の送信に対して手数料が決まっています。

また、国外への送金では銀行のように3営業日待つ必要もなく、追加の手数料もかからないため利便性は高いと言えます。

ビットコインの安全性

ビットコインの安全性

全ての取引を一括管理するシステム(ブロックチェーン)により、ビットコイン取引に関する全ての情報をユーザーは簡単に確認し使用することが可能です。

そのプロトコルは暗号学上非常に安全に管理されており、誰もプロトコルをコントロールすることは不可能なことから偽造などの不正行為も防ぎ、透明性と中立性が確保されていると言えます。

クレジットカード等と違い特定できるナンバーがないため、資産の不正流出などの被害を被るリスクが低く、現金のように個人情報を明かすことなく取引ができます。
(個人情報保護が全く必要ないということではありません。)

オンラインカジノにおけるビットコインの利用

ビットコインを使ってオンラインカジノでプレイするためには、取引所でビットコインを購入する必要があります。
金融庁から認可を受けている取引所は、bitFlyer・GMOコイン・DMMビットコイン・ZAIF・楽天ウォレット等現在25社あり、まずは取引所に登録し、日本円を取引所に入金してビットコインを購入します。

購入は1ビットコインからではなく、最小1000円から購入することができます。
ビットコインを購入後オンラインカジノへ登録し、取引所からビットコインを送金すれば準備完了となります。

ビットコインが使用可能なオンラインカジノ

ビットコインが使用可能なオンラインカジノ

世界各国に多数存在するオンラインカジノの中で、ビットコインに対応しているカジノは限られており、主なカジノはベラジョンカジノ・カジ旅・シンプルカジノ・ラッキーデイズ・プレイアモ・ラッキーニッキー・ビットスターズ・ビットカジノ・10betjapan等です。

一例として人気のカジノサイトであるベラジョンカジノでのビットコインの入出金方法を紹介いたします。

入金方法:マイカジノから「今すぐ入金」をクリック
→決済選択画面で「ビットコイン」をクリック
→「アドレスコピーボタン」をクリック
→所有するビットコインのアカウントにログインし「送金」を選択
→受信者のボックスにコピーしたアドレスを入力
→入金したい金額を決めビットコインの送信を確認する
→「詳細を見る」をクリックしてベラジョンカジノのアカウント残高を確認します。

なお、入金手数料は無料です。

出金方法:マイカジノから「出金」をクリック
→決済選択画面で「ビットコイン」をクリック
→出金額を入力し、出金先のアドレスを入力、メニューからビットコインを選択し「出金する」をクリック
→最後に確認画面で「出金する」をクリックすれば完了です。

なお、出金手数料は無料で、ビットコインで入金したものはリップル・イーサリアム等の仮想通貨での出金も可能です。

ビットコインを使うときの注意点

ビットコインは為替で価格が変動することがあるため、購入したビットコインはすぐにオンラインカジノへ入金することが大切です。
オンラインカジノ内にあるビットコインは価格変動に影響を受けることはありません。

オペレーションシステムやデバイス、ユーザーの好みによってビットコインのウォレットは選べますが、それぞれのウォレットにより送金手数料が異なるため、自分のスタイルにあったものを選択する必要があります。

ビットコインを取り扱うオンラインカジノは、カジノの増加に伴い年々増加傾向にあります。
ビットコインの利便性は高く今後も人気は高まると予想されますが、上記の注意点やウォレットの特性、ビットコインに対応するオンラインカジノの特性をよく理解した上でプレイすることをお勧めいたします。

著者:familyshowsofhou

わかりやすく安全なラッキーデイズカジノの魅力

日本円で遊べるオンラインカジノ

日本円で遊べるオンラインカジノ

オンラインカジノはヨーロッパを中心に栄えているギャンブルなので、使える通貨はドルかユーロとなります。
ドル、ユーロへの両替は基本的に決済サービス側が自動で行ってくれますが、その時の為替レートにより金額は変動しますし、なによりも普段使い慣れていない通貨であるため金銭感覚にずれが生じてしまいます。
ラッキーデイズカジノはそうした多くのオンラインカジノとは違い日本円でのプレイが可能となっています。
普段から使っている通貨であるため、日常の買物のように節度を持ってゲームをプレイすることができるので、知らないうちに使いすぎてしまっていたというような事態に陥ってしまうこともないでしょう。

こうした日本円でのプレイが可能ということだけでも日本人プレイヤーにとっては大きなメリットとなりますが、ラッキーデイズカジノは完全日本語対応となっているので、サイト、ゲームの言語表示だけではなくサポートも日本語で利用することができます。
サポートはチャット、メールの二つが準備されていて、どちらも同じく日本語で利用することができます。
この日本語に対応したサポートは、オンラインカジノ初心者の方やまだそれほど操作に慣れていない方にとっては、とても心強いものとなるでしょう。

安心して遊べる高い安全性

安心して遊べる高い安全性

ラッキーデイズカジノはオンラインカジノに不可欠となる安全性の面に関しても優れています。
オンラインカジノを合法的に運営するためには各国政府発行のライセンスが必要となります。
ラッキーデイズカジノが取得しているライセンスは、キュラソー政府発行のものです。

このキュラソーライセンスは多くの有名オンラインカジノが取得しているライセンスなので、その安全性の高さ、信頼性はすでに多くのオンラインカジノによって証明されています。

そして、ラッキーデイズカジノの安全性の高さはライセンス契約を結んでいるソフトウェア会社によっても証明されています。
オンラインカジノのゲームは運営会社とは別の外部のソフトウェア会社により開発されています。
オンラインカジノはソフトウェア会社からゲームを借り受け、それをプレイヤーへと提供しています。
ソフトウェア会社はオンラインカジノとライセンス契約を結ぶ前に、そのオンラインカジノが安全で信頼できるところなのかどうかを独自にチェックします。
このチェックは有名な一流ソフトウェア会社ほど厳しくなるので、業界に名を馳せる一流ソフトウェア会社と契約できているオンラインカジノは安全であると考えられます。
ラッキーデイズカジノは、マイクロゲーミング、ネットエント、プレインゴー、プッシュゲーミング、クイックスピンといった多くの一流ソフトウェア会社と契約を結んでいるので、この採用しているソフトウェア会社からも高い安全性を持ったオンラインカジノであることが証明されています。

豊富に用意されている入出金方法

豊富に用意されている入出金方法

オンラインカジノを利用する場合、ゲームと同じくらい入出金方法も重要となります。
どれだけ面白いゲームが揃っていても入出金方法が使い辛いと正直また遊ぼうという気持ちは起こらないでしょう。
ラッキーデイズカジノは多くの入出金方法を用意しているので、自分の使いやすい方法で入出金を行うことができます。

現在ラッキーデイズカジノで使える入金方法は、VISA、Master、JCBのクレジットカード、ecoPayz、iWallet、Venus Point、STICPAY、Astropay、MuchBetter、仮想通貨となっています。
この入金方法の中でも特に注目したいのがJCBのクレジットカードです。
VISA、Masterのクレジットカードで入金できるオンラインカジノは多くありますが、JCBで入金できるオンラインカジノはほとんどありませんので、これはラッキーデイズカジノならではの特徴と言うことができるでしょう。
そして次に出金に関してですが、用意されている出金方法は、ecoPayz、Venus Poin、STICPAY、iWallet、MuchBetter、仮想通貨、それにVISAとMasterのクレジットカードです。
出金方法もこれだけ多く用意されているので、出金で困ることはないと思いますが、オンラインカジノ経験者の方はこれらの出金方法を見て不思議に思うことでしょう。
以前は出金にもクレジットカードを使うことができたのですが、現在のオンラインカジノでは入金にクレジットカードを利用できても出金には利用できないというのが一つのルールとなりつつあります。
しかし、ラッキーデイズカジノはVISA、Masterのクレジットカードへの出金も可能となっているので、クレジットカード一枚だけで入出金を済ませることができます。
ですが、クレジットカードへの出金はクレジットカード会社等の制約により上手く行えない場合もありますので、保険としてその他の決済サービスのアカウントも作っておくことをおすすめします。
特におすすめしたいのはecoPayzで、その理由はその他のオンラインカジノでも利用することができるからです。
素早い資金移動と安い手数料により、ecoPayzは現在オンラインカジノを代表とする決済サービスとなっています。
アカウントの登録も無料ですので、オンラインカジノを始めるにあたりアカウントの登録を行っておくとよいでしょう。

著者:familyshowsofhou

オンラインカジノがかかえる社会問題について

オンラインカジノは、海外で運営されているギャンブルであり、日本にはまだまだ馴染みがそれほどないとはいえ、日本でもオンラインカジノをプレイする人は年々増えている状況にあります。
しかしながら、オンラインカジノがかかえる社会問題が存在していることも事実です。
今回はそのオンラインカジノがかかえる社会問題について考察していきます。

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症は、日本では社会問題として挙げられています。
これは、ギャンブルに必要以上にのめり込んでしまうことを意味します。
自分の力でギャンブル依存症を克服することは大変難しく、周囲のサポートがなければなかなか克服はできません。
このようなギャンブル依存症の疑いがある人は直近1年で50万人を超える数字になっています。

では、オンラインカジノがなぜギャンブル依存症を引き起こしてしまいやすいについて解説します。

リターンが大きい

オンラインカジノをプレイする人の多くは、何かしらのギャンブルを経験していたという人が多いです。
例えば、パチンコでは1日に勝てる金額というのは限界がありまして、10万円、20万円と勝てれば大勝利となります。
しかしながら、昨今は、大きな勝ちを見込めるような仕様を制限されるという動ききがあります。
これにより、リターンの金額は下がっていきます。
これにより、よりリターンの大きなオンラインカジノに興味を持ちます。
そして気がついたらのめり込んでしまい、大金をつぎ込むというパターンになってしまうこともあります。
さらにオンラインカジノは、還元率というものが日本にあるパチンコ、競馬、ポートレースなどのギャンブルに比べて高いです。
これにより、オンラインカジノの方が勝てる、稼げるという理由でオンラインカジノを始める方もたくさんいます。

さらにオンラインカジノは、スマートフォンやパソコンがあれば、場所を問わず時間を問わずいつでもプレイできます。
これは、オンラインカジノに没頭できてしまう環境であることを意味します。 

支払いはクレジットカードで後払い

オンラインカジノの特徴として、手持ちのお金がなくても、クレジットカード決済ですのでプレイできます。
ですのでついつい使いすぎてしまうという事態を招く恐れがあります。
結果依存症になってしまい、取り返しのつかない状況になる可能性があります。
このように、リターンが大きいことにより、勝った時の興奮が忘れらなくなります。
そしてその興奮を味わいたくなり、どんどんつぎ込みます。
支払いもクレジットカードですので、現金がなくても遊べます。
このような条件が重なり、ギャンブル依存症を引き起こす可能性が十分にあるとされています。
オンラインカジノの大きな社会問題の一つです。

オンラインカジノとスパム広告

オンラインカジノとスパム広告

これは、オンラインカジノに登録することにより、スパム広告に騙されたり、迷惑メールが来るということです。
一部の悪質なオンラインカジノに登録してしまうと引き起こされてしまいます。
これはオンラインカジノ業界のイメージを損ねる大きな問題となっています。
現状ではこれを撲滅する手立ては残念ながらありません。
受け取る側が、拒否設定にするという対策しか打てないのです。

このスパム広告では、ありもしない条件の良すぎるボーナスを貰える、良すぎるプロモーションが掲載されているなどがあります。
そしてついつい登録してしまったという場合に、被害に合ってしまう可能性があります。
オンラインカジノに登録する前にしっかりと自分で安全なオンラインカジノを見極める必要があります。
慎重にオンラインカジノを選ぶことが対策としては重要になります。
このようなスパム広告などのトラブルもオンラインカジノがかかえる社会問題の一つです。

オンラインカジノのサービス面の課題

オンラインカジノのサービス面の課題

オンラインカジノの課題として、サービス面の質の低さが挙がります。
オンラインカジノでは入出金でのトラブルが多くあります。
このようなときに、日本語が通じないのでよく分からないこともあります。
これでは肝心なお金の流れがよくわからないことになってしまい、不安が増すばかりです。
また、サポート側の対応が酷いという場合もあります。
態度がお客様に取る態度とは到底思えないというものも中にはあります。
このようなトラブルの被害を最小限にするために、オンラインカジノに登録するときに日本語のサポート対応があるかを確認しておきます。
中には日本語の対応がしっかりされているオンラインカジノもあります。
そういうオンラインカジノの情報はインターネットで調べることが可能です。

ここまでオンラインカジノがかかえる社会問題ということでいくつか見てきました。
やはり大きな社会問題としてはギャンブル依存症についてです。
ギャンブル依存症はすでに日本では社会問題となっています。
そんな中でオンラインカジノがかかえる問題は大きいと言えます。

著者:familyshowsofhou

ラッキーニッキーはスロット好きに人気です!

日本から利用が可能なオンラインカジノは多数存在しますが、スロットマシンで遊ぶなら、この「ラッキーニッキー」を外すことはできないと言っていいでしょう。
このラッキーニッキーではそれだけスロットマシンに力を入れており、最新のマシンも数多く設置されているので、スロット好きにはたまらないオンラインカジノです。

ラッキーニッキーはスロット好きに人気のです

3つのタイプのスロットが全て設置されてる

オンラインカジノで遊べるスロットにはタイプがあり、大きくJPタイプ、5ライン、3ラインに分かれています。
JPタイプは現在では主流となっているスロットで、大当たりとなるJP(ジャックポット)を出すことで大きな獲得ができるスロットです。

5ラインは5ライン制のスロットで、オールマイティになるワイルド絵柄がうまく有効ラインに止まるかどうかで大きく配当が変わってくるのが特徴となっています。
機種によっては、一度の当たりでJPタイプに迫るほどの獲得が可能なものもあります。
3ラインは、単純に色々な役を当ててメダルを増やしていくタイプです。
比較的おとなしく遊びたい人に向いており、難しいルールはない為、スロットマシンをあまり楽しんだことがない人でも安心して遊ぶことができます。

一般的にオンラインカジノのスロットでは、一攫千金が狙えるJPタイプが好まれている為、それがメインで5ラインが少し設置されているという場合が多いですが、ラッキーニッキーでは、これらのタイプのスロットをどれも豊富に設置しているので、普段はJPタイプで一発を狙っている人も、その息抜きにたまには5ラインや3ラインで遊んでみるといったことができます。
もちろん人気のJPタイプも最新のものが勢揃いです。

入出金方法が豊富なのも特徴の1つ

オンラインカジノで遊ぶ為には、まず自分のアカウントに軍資金となる入金が必要になりますが、この入金の為の方法が豊富に用意されているラッキーニッキーなら、日本で発行されているクレジットカードの90%以上がそのまま利用できます。

具体的には国際ブランドでJCB、JISA、マスターカードが付いているカードがそれに当たり、10ドルから入金が可能です。
また、電子ウォレットではecoPayz(エコペイズ)、iWallet(アイウォレット)、VenusPoint(ヴィーナスポイント)が入出金に対応しており、それぞれ10ドルから入金、20ドルから出金に対応しています。
入金は、24時間ほとんど瞬時に完了し、時間が掛かることが多い出金も、約3日で完了する早さなのが嬉しい点となっています。
(出金には、定められた身分証明書等が別途必要になります)

eスポーツで遊んで稼ぐことも?

スポーツで遊んで稼ぐことも

ラッキーニッキーには、目玉となっているスロットマシンの他に、オンラインカジノではお馴染みのルーレットやバカラなどの用意されていますが、色々なスポーツゲームも遊ぶことができます。
世間ではオンラインで遊ぶその手のゲームを「eスポーツ」と呼んでいますが、それで楽しく遊ぶことができるだけでなく、勝つと(その内容にもよって)配当が得られるのがラッキーニッキーのスポーツゲームです。
そのようなゲームが得意な人は、他のゲームよりうまく稼ぐことができる場合もある為、これが目的でラッキーニッキーを利用している人も少なくありません。

ライブ対戦にも力を入れている

オンラインカジノで遊べるゲームは、スロットマシンやルーレットのように、言わば機械が相手のものが多いですが、人間のディーラーがリモートで登場するライブ対戦も行われています。

ラッキーニッキーでも、ポーカーやブラックジャックといったディーラーとの駆け引きがが楽しみになるゲームでそれが行われており、多くのプレイヤーが1人のディーラーと勝負といった、本物のカジノさながらの光景を完全に再現しているリアルさが売りです。
このライブ対戦も24時間行われている為、各ゲームの開催時間ごとにそれに合わせていつでも白熱した本場のディーラーとの駆け引きを楽しむことができます。

サポート体制も充実して安心

サポート体制も充実して安心

オンラインカジノは、分からないことがあったり、困った時のサポートが充実していることも大切になるものです。
ラッキーニッキーでは、日本語による各種のヘルプやメール対応、リアルタイムのチャットでのサポートはもちろん、国際電話によるサポートまで行っているのでとても安心です。

この国際電話でのサポートも日本語で利用できるので、分からないことなどがあれば、いつでもそれを利用してください。
各種のサポートはもちろん無料で何度でも利用が可能です。
(その為の通信料金や電話代は別になります)

まとめ

このように、「ラッキーニッキー」は、スロット好きの人だけでなく、オンラインカジノでは定番となっているルーレットやライブ対戦も充実しており、更に「eスポーツ」のようなゲームによる賭けまで楽しめる、大型の総合オンラインカジノだと言っていいでしょう。
特に目玉となっているスロットマシンは、他のオンラインカジノのそれに満足できなかった人におすすめできます。

著者:familyshowsofhou

安全であることが高い認知を誇る理由

カジノ合法国より認可を受け運営している

カジノ合法国より認可を受け運営している

オンラインで楽しめるカジノギャンブルと聞くと、イカサマがあるのではないか、個人情報の流出などの危険があるのではないかと考える方も少なくはないでしょう。
しかしオンラインカジノは海外ではとても有名なギャンブルで、大手オンラインカジノとなると有名サッカークラブのスポンサーを務めていたり、テレビCMを行っていたりします。

海外ではオンラインカジノの存在が広く知られ、同時にその安全性についても知られているので、365日24時間多くの利用者がカジノギャンブルを楽しんでいます。
なぜ日本は海外ほどオンラインカジノの人気がないのかというと、それは日本の会社が運営していないからです。

日本には賭博法という法律があり、公営ギャンブルである競馬、競輪、競艇、オートレース以外のギャンブルを禁じています。
日本国内において公営ギャンブル以外のギャンブルを提供したり、利用したりしてしまうと賭博罪という罪で罰せられます。

では公営ギャンブルではないオンラインカジノの利用も罪に問われるのか、というとそれは違います。
賭博法は日本国内で行われるギャンブルに対してのみ効力を持っています。
オンラインカジノは日本国内から利用しても、ギャンブルを行っている場はオンラインカジノが置かれている海外のサーバー上なので、日本国内でギャンブルを行っていることにはなりません。
そのため、日本からオンラインカジノを利用しても罪に問われることはありません。

海外ではオンラインカジノは、非常に安全性の高いギャンブルとして知られています。
まずオンラインカジノは、カジノを合法としている海外政府により運営を許可するライセンスを発行されて運営しています。
海外の政府が運営を認めているということは、安全性にかけてはまったく問題ないということです。

ですがもちろん、ライセンスの取得はそう簡単なことではなく、海外政府によるいくつもの審査をすべてパスしなければなりません。
そこには運営資金・運営実績だけではなく、使用するソフトウェアや決済サービスまで含まれているので、サービスすべてにおいて徹底した管理を行える会社でなければライセンスを取得することができません。
そして、ライセンスを取得した後もライセンスを発行した政府の監視下に置かれるので、いつでもライセンス取得時と変わらない安全性を維持していなければなりません。

海外ではこうしたオンラインカジノの運営事情が広く知られているので、安全に遊べるギャンブルとして大変高い人気を誇っています。

定期的に第三者機関から監査を受けている

定期的に第三者機関から監査を受けている

オンラインカジノの多くは第三者監査機関による監査を受けています。
海外政府からの監視に加えて、なぜこうした第三者監査機関の監査を受けているのかというと、それは高い安全性を示すことが人気に繋がるからです。

オンラインカジノは、ランドカジノのように実際に顔と顔を合わせることができないので、その分安全性が重視されます。
高い安全性を示すことができれば、それだけ利用者からの信頼を集めることができるので、必然的に利用者の数も増えていきます。

第三者監査機関の監査もライセンス発行審査と同じくとても厳しく、特にギャンブルの場となるソフトウェアに関しては徹底したチェックが入るので、第三者監査機関の監査を受けているオンラインカジノは、不正の全く入り込む余地のない安全なオンラインカジノであると言えるでしょう。

そして、第三者監査機関と一口に言っても、監査を実施する会社、団体により監査の厳しさは違ってきます。
第三者監査機関の中でもとりわけ厳しい監査を行っているのがイーコグラという非営利団体です。
イーコグラから認定を得るのは非常に難しく、優良オンラインカジノであっても審査落ちしてしまうことがあるほどです。
また、イーコグラはオンラインカジノで起こるトラブル等にも迅速に対応してくれるので、運営会社にとってもプレイヤーにとっても信頼できる監査機関となっています。

このように第三者監査機関の監査を受けているというのも、オンラインカジノの世界的な人気の支えとなっています。

開発や決済は外部会社が担っている

開発や決済は外部会社が担っている

オンラインカジノは運営会社がそのすべてを担っているわけではありません。
ソフトウェアは外部のソフトウェア会社から借り受けていますし、決済も同じく外部のサービスを利用しています。
利用者がもっとも重要視するソフトウェア、決済を外部の会社に任せることにより、運営会社が利益目的のために不正を行うことができなくなります。
もちろん、運営会社も不正を働こうだなんて思っていませんが、こうして外部の会社に重要な部分を任せることによって利用者に安全性を示すことができています。

また、ソフトウェア会社、決済会社も誤って違法なオンラインカジノにサービスを提供してしまうと、自社の名を汚してしまうことになるので、事前に合法の下安全に利用できるオンラインカジノかどうかをチェックしています。
こうしたソフトウェア会社、決済会社によるチェックもまたオンラインカジノの安全性を高めることに繋がっています。

著者:familyshowsofhou

様々な好みと形態に対応するソフトウェア

ギャンブル好きな人の好みが、オンラインカジノの登場で大きく変化してきました。
オンラインカジノはインターネットでカジノサイトにアクセスして、実際にお金を賭けるだけでなく、配当金を稼ぐことができるオンライン型ギャンブルです。
場所や時間の制約がなく参加できる点がオンラインカジノ最大の魅力です。

そのようなオンラインカジノの肝となるのが、卓逸したソフトウェアなのですが、これらのソフトを制作している企業としては、今世界中から最も注目を浴びているのが、マイクロゲーミング、プレイテック、そしてネットエントです。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社は、1994年設立されたオンラインカジノソフトウェア会社の中でも、絶大な信用を持つ所です。
世界的に有名なカジノの多く使用しており、依然は資金力が潤沢なカジノでしか同社のゲームソフトを導入することができないほどでした。
そのことから「マイクロゲーミング系」と言うだけで、優良カジノの代名詞となっていなのです。

マイクロゲーミングが提供しているゲームソフトは、旧き良き雰囲気を漂わせており、グラフィックやサウンドの細部に至る所までこだわっているために、とても高級感のあるクオリティーに仕上がっています。
そのような意味でとてもゴージャスな娯楽向けを志向したソフトなのです。
しかも、業界古参として長い経験とノウハウを蓄積しているために、安定したサーバー運用も特徴的です。
ソフト数が多く、カジノディーラーとカジノを楽しめるライブカジノのゲームも多く作られていますし、定期的に新しいソフトも発表されています。

但し、老舗の部類に属しているために、時折保守的なテーマに集中している感もあります。
しかし、ゲーム数ではそれまでのビデオスロットを含めると400種類を超える規模なので、多くのゲームでギャンブルを楽しんできたプレイヤーでも新しい感覚で楽しみ続けることができるのです。

プレイテック社

プレイテック社

プレイテック社は 1999年に設立されたゲームソフトウェア会社で、提携するカジノも厳選されています。
そのためにプレイテックを扱うオンラインカジノは、とても信頼度の高いカジノと受け止められているほどです。
ロンドン証券取引所の上場会社でもあり、世界14ヵ国に拠点を持つ巨大ゲームプロバイダです。

特にマーベルシリーズは他界人気を誇っておりオンラインカジノではとても有名ゲームで名が通っています。
「アメコミキャラのスロットなら、間違いなく見たらプレイテックだ」というほどの人気度があります。

プレイテックのゲームは、スロットに留まらず、ビデオポーカーなどのテーブルゲームやライブゲームシステムまでオールラウンドで作られています。
それでいて、スロットやビデオポーカーも非常にインパクトのあるパワーを感じさせてくれるのです。
スロットの場合、オッズは1000倍を超えることもあるので、興奮度も半端ではありません。

ネットエント社

ネットエント社

ネットエントは1996年にできたスウェーデンでのゲーム会社です。
正式な社名はネットエンターテインメントで、今では「ネットエント」のブランド名で世界中のオンラインカジノプレイヤーから親しまれています。
シンプルな作りで誰でも理解しやすいゲームに定評があり、オンラインカジノ業界では知らない人はいないほどのメジャーなプロバイダです。

ネットエントが作るゲームは、シンプルでユニークなものが多く、プレイ画面が見やすいことが特徴です。
コインやベット表示、獲得賞金などの情報も直感的に把握できるシステムになっているので、初心者でも安心して楽しめる仕様が目立っています。

特に同社のゲームソフトはダウンロードなしにプレイができるのですが、この方式が世界に普及したのも、ネットエントの貢献があってのことです。
ノーダウンロードだけにとてもシンプルな作りになっていますが、どれ程度シンプルなのかと言えば、世界のゲームランキングを眺めてみてもその質は業界トップクラスと言えます。

ちなみにネットエントでは、「スターバースト」という大人気ゲーミングがありますが、まさにシンプルさを素直に実現しているゲームと言っても過言ではありません。
シンプルがゆえに、このゲームに魅せられているプレイヤーが後を絶たないのです。

また、「ツインスピン」というゲームも人気を博していますが、常に2リールが同時に回転して同じ図柄でストップ。
ランダムで発生する同時回転リールの増加がとても楽しく全回転になることで、全ての図柄が揃いストップすることもあります。
大きなボーナスはない反面、楽しくてハマることは間違いありません。

シンプルなゲームこそ、ネットエントがこだわるスタイルなのです。

著者:familyshowsofhou

オンラインカジノで大過なく儲ける為に

オンラインカジノの選び方

オンラインカジノの選び方

オンラインカジノを利用するにあたり、まず行わなければならないのがオンラインカジノ選びです。

オンラインカジノは世界ではメジャーなギャンブルであるため、その数はなんと2千を超えています。
その多くのオンラインカジノの中には悪質行為を働くオンラインカジノもあるので、オンラインカジノ選びはとても重要となります。
しかしながら、誰でも簡単に安全で安心できるオンラインカジノを見つける方法があります。
それは政府発行のライセンスを保有しているかどうかを確認することです。

合法運営しているオンラインカジノは必ず政府発行のライセンスを保有しています。
政府がライセンスを発行し運営に至っているということは、そのオンラインカジノのサービスは政府のお墨付きであるということです。
その為、政府発行のライセンスを保有しているオンラインカジノは安全で安心して利用することができます。
このライセンス情報はオンラインカジノサイトに掲載されていますので、ライセンスを保有していることを確認してから登録を行うようにしましょう。

オンラインカジノアカウントの開設方法

オンラインカジノを選んだら次はオンラインカジノへの登録を行います。
オンラインカジノのアカウント開設はとても簡単で、必要とするのはメールアドレスのみです。
新規登録にてメールアドレスを入力し送信すると、登録したメールアドレス宛にアカウント開設画面のURLが記載されたメールが届きますので、そのURLよりアカウント開設画面へと進みます。

アカウント開設に必要となる入力事項は、氏名、生年月日、住所、電話番号が一般的です。
これだけの個人情報の入力でオンラインカジノのアカウントを開設することができるのですが、一つ注意しなければならない点があります。
それは住所の入力に間違いがあってはならないということです。
氏名や生年月日、電話番号の入力間違いはそうそう起きませんが、住所はその他の入力事項よりも文字数が多くなるのでその分入力間違いも発生しやすくなります。

オンラインカジノのアカウント開設で入力した住所と、後々の出金時に必要となる決済サービス側のアカウント開設に入力した住所が違ってしまうと、不正に利用していると判断されてしまう場合があります。
不正利用であると判断されるとアカウントを凍結され、オンラインカジノ口座に入っている資金を引き出すことができなくなってしまいます。

また入力間違いに続いて多いのが、引越により住所が変わった場合です。
オンラインカジノのアカウント開設には前住所を、決済サービスのアカウント開設に現住所をと違った住所を入力してしまった場合も、同様に不正利用と判断されてしまうことがあります。
こうしたアカウント凍結といった事態に陥らないためにもアカウント開設の住所入力は十分気をつけて行いましょう。

ソフトウェアのダウンロード

ソフトウェアのダウンロード

オンラインカジノのアカウント作成が終われば、次はソフトウェアのダウンロードです。
オンラインカジノのソフトウェアはそれほどサイズが大きいわけではありませんが、パソコンの空き容量がほとんどない状態ですとダウンロードを行うことができなくなってしまいます。
また、パソコンの空き容量がほとんどない状態ですとパソコンへの負荷も高まり、ゲーム中の動作に影響する可能性もありますので、事前にある程度の空き容量を確保しておくようにしましょう。

しかし最近は、ソフトウェアのダウンロード不要のブラウザゲームを採用するオンラインカジノが増えています。
ブラウザゲームは動作が軽くスペックもそれほど要求しないので、型の古いパソコンでも快適に楽しむことができます。
また、スマートフォンからの利用でも同じく快適に楽しむことができます。
パソコンの空き容量、スペックに自信がないという方は、ダウンロード不要で遊べるブラウザゲームを採用しているオンラインカジノを選びましょう。

オンラインカジノへの入金方法

実際にオンラインカジノでギャンブルを楽しむにあたり必要となるのが入金です。
オンラインカジノには、入金をスムーズに行えるよう数種類の入金方法を準備されています。
オンラインカジノのマイページにある入金メニューを開くと、利用できる入金方法の一覧が表示されます。
その中から自分の利用しやすい入金方法を選び、画面の案内に従って入金を行います。

オンラインカジノの口座への入金に一番便利なのがクレジットカードです。
入金額を決め、クレジットカード情報を入力するだけで即座に入金額がオンラインカジノ口座に反映されます。
また、クレジットカードは安全性においてもとても優れているので、その他の入金方法よりも安心して入金できるというメリットがあります。

ですが、クレジットカードは入金にしか対応していなく、出金に利用することはできません。
そのため、クレジットカードで入金した場合はヴィーナスポイントなどの電子決済サービスを利用し出金する必要があります。

オンラインカジノへの入金方法

オンラインカジノからの出金方法

オンラインカジノからの出金はマイページ内にある出金メニューから行います。
入金同様に出金方法一覧から利用したい決済サービスを選択します。

最近のオンラインカジノの多くは、オンラインカジノ口座から直接日本国内口座へ出金することができなくなっています。
出金するには一度電子決済サービス口座に出金し、その電子決済サービス口座から日本国内口座へ出金することになります。

電子決済サービスの中には日本国内に代理業者を設置しているところもあります。
その場合日本国内からの銀行振込にて出金額を受け取ることができるので、手数料もわずかしかかかりませんし、出金額が振り込まれるまでの時間も短くなります。
このようにオンラインカジノからの出金には電子決済サービスが必須となりますので、早い段階で電子決済サービスのアカウント開設を行っておきましょう。

著者:familyshowsofhou

課税対象となるタイミングを見極める

出金しなければ税金の対象にならない

出金しなければ税金の対象にならない

オンラインカジノ内にあるお金は、オンラインカジノ側が管理しているお金として扱われるため、基本的に税金の対象ではありません。
オンラインカジノから出金して初めて税金の対象として扱われるため、税金処理が嫌ならオンラインカジノへ入金したままにしておけばいいのです。

オンラインカジノ内にある資金は、まだ別の会社が持っているお金という扱いになるため、どれだけの利益が残されていても税金を回避できます。
オンラインカジノの勝ち金が銀行を通じて自分の元に振り込まれない限り、税金はどのような状況だったとしても回避できるのです。

勝ち金があるというだけでは納税の義務はない

勝ち金があるというだけでは納税の義務はない

オンラインカジノの勝ち金がどれだけ多く存在していたとしても、銀行口座に振り込まれない限りは課税対象として扱われません。
つまりオンラインカジノに残したままにし続けていれば勝ち金は税金の対象として扱われないのです。

税金の対象になってしまうと大変な支払いが待っている場合もありますが、オンラインカジノ内に残しておけば何も起こりません。
自分が欲しい時だけちょっとつづ引き出してしまえば、税金を回避できる可能性が高いのです。

オンラインカジノからお金を引き出し、銀行口座に振り込まれた時点で税金の対象となります。
税金を支払うのが嫌なのであれば、まずはオンラインカジノから引き出さなければいいのです。
オンラインカジノに留めておけば、基本的にお金を受け取っていると判断されないため、税金の対象とはなりません。
税金の対象になるのはお金を受け取っている証拠が必要ですので、その証明ができない状態であれば税金の対象からは外されることとなります。

ただ、オンラインカジノの中にお金を留め続けるのはあまり意味のないことです。
オンラインカジノで遊び続けるならいいですが、大きな勝ち金を受け取っているのに残し続けているのは、実際の儲けともならないのでほとんど意味のない状態となります。
オンラインカジノの利益を口座に残し続けるくらいなら、税金を支払ってでも出金したほうがいいかもしれません。
お金を出すタイミングに気を付けつつ、なるべくオンラインカジノの利益は自分で使える状況に持っていったほうがいいでしょう。

勝ち金をエコペイズなどで出しても駄目

オンラインカジノの勝ち金を銀行口座ではなく、エコペイズなどの別のサービスに出して残しておけばいいように思われますが、これも実は気づかれてしまいます。
オンラインカジノの勝ち金の履歴は、色々なサイトを通じて調べられる可能性があります。
エコペイズなども履歴が残されてしまう場合があるため、出金させると税務署側に確認されるのです。
従って海外のサービスであるエコペイズなどを利用して勝ち金を隠しておくという方法は使えません。

一見すると海外のサービスまで確認していないように思われますが、海外のサービスを経由してお金を隠している人が近年多くなっており、税務署などもしっかりと対策を立てています。
その結果、お金を隠したり留めていると思われる場所の調査が実施されており、簡単に気づかれてしまうのです。

オンラインカジノの勝ち金をエコペイズやアイウォレットへ残しておけば、海外の買い物で使える利点はあるものの、税金の対象になってしまうのです。
税金の対象から外れたいと考えているなら、上記の通りオンラインカジノから引き出さないで残しておく方法を採用してください。
その上でオンラインカジノから出金する金額などを調整しておけば、問題なく税金の対象から外れます。

エコペイズやアイウォレットへお金が移動した時点で税金の対象になると知っておけば、税金の対策などは簡単にできるでしょう。
同時にエコペイズやアイウォレットを使っても税金は回避できないという事実を知って対処したほうが安心です。

利益を引き出すタイミングなどに気を付ければいい

利益を引き出すタイミングなどに気を付ければいい

オンラインカジノから出金した時点でオンラインカジノの勝ち金は税金の対象に変わります。
出金させるタイミングを早めたいと思っている人が多いかもしれませんが、実は出金させるタイミングを考えれば、税金の支払いを1年後に回せる可能性もあります。
そのタイミングは、1月1日になったら出金するという簡単な方法です。

確定申告の対象は1年間であり、1月1日から12月31日までに受け取った収入が対象となっています。
翌年の1月1日からは翌年の確定申告として扱われるため、前年分の確定申告として処理しなくてもいいのです。
この方法を利用すると、1年間はお金を自由に使える猶予が与えられるため、好きなものにお金を投じてもいいでしょう。

ただ、1年後にはオンラインカジノの勝ち金を申告しなければなりません。
申告する金額が多ければ多いほど、最終的に支払う税金の金額はかなり多くなってしまいます。
1年間の猶予を得たとしても、オンラインカジノの税金が支払えないような状況だけは避けるようにしてください。