オンラインカジノでも知っておきたいブラックジャックのテーブル

著者:familyshowsofhou

オンラインカジノでも知っておきたいブラックジャックのテーブル

ブラックジャックはテーブルで行うカードゲームの定番です。
しかし、そんなブラックジャックでプレイするテーブルですが、このテーブルによってルールが異なっていたり、あるいはベットする金額の単位が異なっていたりします。
つまり、テーブルによってブラックジャックのゲームは時に異なったルールでプレイすることを意味します。

このテーブルによる違いは、実際のカジノはもちろんのこと、オンラインカジノでも例外ではありません。
そんなブラックジャックのテーブルについて今回、テーブルによって異なるルールやベットする金額の違いなどを中心にお話しします。
また、専用テーブルや日本語テーブルといった話題についても触れていきます。

ルールがわかるように書かれているブラックジャックのテーブル

ルールがわかるように書かれているブラックジャックのテーブル
ブラックジャックのテーブルには、テーブルごとのルールがかかれています。
このルールの記載は、オンラインカジノでも同じです。
具体的にどのようなことが書かれているかというと、ブラックジャック、つまりカードの合計が21で勝った場合の配当倍率とディーラーに課せられたルール、そしてインシュランスが適応になった場合の対応です。

ブラックジャックで勝った場合の対応は、「BLACKJACK PAYS 3 TO 2」と記載されています。
この意味は2ドルの配当金を3ドル(ドルでやり取りしている場合)にするという旨の内容です。
つまり、通常の配当金の1.5倍で払戻すという意味になります。

次にディーラーに課せられたルール、これは「Dealer must stand on 17 and must draw to 16」と記載されていることがほとんどです。
このルールの意味は、カードの合計が17以上だった場合は必ずスタンド(プレイヤーと勝負すること)を行い、16以下だった場合はカードをヒット(引く)しなければいけないという意味になります。
オンラインカジノを含むほとんどのカジノでこういった記載があり、プレイする前に一度確認してみるのもおすすめです。
こういったルールがディーラーに課せられているので、ベテランのディーラーでも新人のディーラーでも、ほとんど同じ実力になりやすいため、公平性が確保されているといえます。

3つ目はインシュランスに関するものです。
インシュランスとは保険という意味の言葉で、ディーラーが万が一ブラックジャックを出して来たら、インシュランスを払っていればベットした金額を払い戻すというルールになります。
このルールは、ディーラーが必ず見せなければいけない手元の1枚のカードにエースが入っていた場合に行えます。
テーブルには多くの場合「INSURANCE PAYS 2 TO 1」と書いてあり、ベットした金額の半額を支払えば保険が掛けられるという意味です。

このようにテーブルには3行の言葉が書かれてあり、この記載によってそのテーブルのブラックジャックのルールが分かるようになっています。
こういった演出はオンラインカジノでもきちんと再現されているので、プレイする場合は一度確認してみてはいかがでしょうか。

ブラックジャックのテーブル金額について

ブラックジャックのテーブル金額について
ブラックジャックのテーブルはテーブルリミットと呼ばれるものがあります。
このテーブルリミットは、各テーブルの最低金額や最大金額といった1回のベットで賭けられる金額の制限です。
このリミットの最低金額が安いほど気軽にプレイできて、高い金額ほど勝ったときの配当金額も大きいということが分かります。

このリミットはオンラインカジノの場合、分かりやすく表示されていることがほとんどなので、自分の予算や戦い方に合ったテーブルでプレイするのがおすすめです。
またオンラインカジノによって最低金額が1ドル程度のものから5ドル程度のもの、場所によっては0.5ドルからプレイできるところもあるので、そういった点にも注目しましょう。

専用テーブルや日本語テーブルを紹介

専用テーブルや日本語テーブルを紹介
オンラインカジノのブラックジャックには専用テーブルがあります。
この専用テーブルとは、そのオンラインカジノ独自のテーブルのことで、他のオンラインカジノにはない、ユニークな演出やルールを採用しているテーブルです。
テーブルの表記に自社のオンラインカジノのロゴが入っていたり、ライブカジノのブラックジャックで専属のスタッフがそのオンラインカジノのためだけにプレイしているというものもあります。
いずれにしても特別感があり、ブラックジャックをよりエキサイティングに遊びたい場合におすすめです。

日本語テーブルは、なんと日本語がわかるディーラーが対応するブラックジャックのライブカジノのテーブルです。
海外のサービスなので外国人が対応することもあり、やや不思議な日本語のこともありますが、海外在住の日本人の場合もあるため、ライブカジノの中でも、特にプレイしやすいテーブルといえます。

このようにオンラインカジノによって様々なテーブルがあるということを把握しておけば、より楽しくブラックジャックをプレイできるのではないでしょうか。

著者について

familyshowsofhou administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。