課税対象となるタイミングを見極める

著者:familyshowsofhou

課税対象となるタイミングを見極める

オンラインカジノから出金しなければ税金の対象にならない

オンラインカジノ内にあるお金は、オンラインカジノ側が管理しているお金として扱われるため、基本的に税金の対象ではありません。
オンラインカジノから出金して初めて税金の対象として扱われるため、税金処理が嫌ならオンラインカジノへ入金したままにしておけばいいのです。

オンラインカジノ内にある資金は、まだ別の会社が持っているお金という扱いになるため、どれだけの利益が残されていても税金を回避できます。
オンラインカジノの勝ち金が銀行を通じて自分の元に振り込まれない限り、税金はどのような状況だったとしても回避できるのです。

勝ち金があるというだけでは納税の義務はない

オンラインカジノの勝ち金がどれだけ多く存在していたとしても、銀行口座に振り込まれない限りは課税対象として扱われません。
つまりオンラインカジノに残したままにし続けていれば勝ち金は税金の対象として扱われないのです。

税金の対象になってしまうと大変な支払いが待っている場合もありますが、オンラインカジノ内に残しておけば何も起こりません。
自分が欲しい時だけちょっとつづ引き出してしまえば、税金を回避できる可能性が高いのです。

オンラインカジノからお金を引き出し、銀行口座に振り込まれた時点で税金の対象となります。
税金を支払うのが嫌なのであれば、まずはオンラインカジノから引き出さなければいいのです。
オンラインカジノに留めておけば、基本的にお金を受け取っていると判断されないため、税金の対象とはなりません。
税金の対象になるのはお金を受け取っている証拠が必要ですので、その証明ができない状態であれば税金の対象からは外されることとなります。

ただ、オンラインカジノの中にお金を留め続けるのはあまり意味のないことです。
オンラインカジノで遊び続けるならいいですが、大きな勝ち金を受け取っているのに残し続けているのは、実際の儲けともならないのでほとんど意味のない状態となります。
オンラインカジノの利益を口座に残し続けるくらいなら、税金を支払ってでも出金したほうがいいかもしれません。
お金を出すタイミングに気を付けつつ、なるべくオンラインカジノの利益は自分で使える状況に持っていったほうがいいでしょう。

勝ち金をエコペイズなどで出しても駄目

オンラインカジノの勝ち金を銀行口座ではなく、エコペイズなどの別のサービスに出して残しておけばいいように思われますが、これも実は気づかれてしまいます。
オンラインカジノの勝ち金の履歴は、色々なサイトを通じて調べられる可能性があります。
エコペイズなども履歴が残されてしまう場合があるため、出金させると税務署側に確認されるのです。
従って海外のサービスであるエコペイズなどを利用して勝ち金を隠しておくという方法は使えません。

一見すると海外のサービスまで確認していないように思われますが、海外のサービスを経由してお金を隠している人が近年多くなっており、税務署などもしっかりと対策を立てています。
その結果、お金を隠したり留めていると思われる場所の調査が実施されており、簡単に気づかれてしまうのです。

オンラインカジノの勝ち金をエコペイズやアイウォレットへ残しておけば、海外の買い物で使える利点はあるものの、税金の対象になってしまうのです。
税金の対象から外れたいと考えているなら、上記の通りオンラインカジノから引き出さないで残しておく方法を採用してください。
その上でオンラインカジノから出金する金額などを調整しておけば、問題なく税金の対象から外れます。

エコペイズやアイウォレットへお金が移動した時点で税金の対象になると知っておけば、税金の対策などは簡単にできるでしょう。
同時にエコペイズやアイウォレットを使っても税金は回避できないという事実を知って対処したほうが安心です。

利益を引き出すタイミングなどに気を付ければいい

オンラインカジノから出金した時点でオンラインカジノの勝ち金は税金の対象に変わります。
出金させるタイミングを早めたいと思っている人が多いかもしれませんが、実は出金させるタイミングを考えれば、税金の支払いを1年後に回せる可能性もあります。
そのタイミングは、1月1日になったら出金するという簡単な方法です。

確定申告の対象は1年間であり、1月1日から12月31日までに受け取った収入が対象となっています。
翌年の1月1日からは翌年の確定申告として扱われるため、前年分の確定申告として処理しなくてもいいのです。
この方法を利用すると、1年間はお金を自由に使える猶予が与えられるため、好きなものにお金を投じてもいいでしょう。

ただ、1年後にはオンラインカジノの勝ち金を申告しなければなりません。
申告する金額が多ければ多いほど、最終的に支払う税金の金額はかなり多くなってしまいます。
1年間の猶予を得たとしても、オンラインカジノの税金が支払えないような状況だけは避けるようにしてください。

著者について

familyshowsofhou administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。