稼ぎと利便性が高いという魅力

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、古くからの歴史がある、カジノの世界をオンライン上で再現した、ギャンブルゲームの一つです。
オンラインカジノは、実際にリアルマネーを賭けて、華麗なカジノの世界と同じように、ギャンブルを楽しむことが出来ます。
最近では、繊細なサウンドに、綺麗なグラフィック、またマルチプレイヤーシステムやライブカジノなどで、よりリアルに楽しむことが出来るようになっています。

オンラインカジノが登場したのは、1994年になります。この頃に、オンラインカジノが初めて登場してから、大手のソフトウェア会社が、運営に乗り出しました。
その後、インターネットが普及するに従って、徐々に浸透し、今では世界中に約8000万人ものプレイヤーが存在しています。
最近では、日本語対応サイトも増えてきており、日本人のプレイヤーの数も増加しています。オンラインカジノの攻略サイトなども次々と登場していて、オンラインカジノは、より身近なギャンブルの一つとしても、成長しています。
海外では、オンラインカジノは、メジャーなエンターテイメントの一つであり、TVのコマーシャルなどでも放映されていたり、有名なスポーツチームのスポンサーとなっていたりと、有名企業がオンラインカジノを運営しています。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノは、実際にリアルマネーをかけることができることから、一攫千金を目指すことが出来るという魅力があります。
日本の公営ギャンブルとされているパチンコなどは、一日で勝てたとしても、数十万円程度です。
しかし、オンラインカジノの場合、ジャックポットなどで1億円を一日で当てることも可能となっており、一夜にして億万長者を目指すことも出来ます。
その賞金額の大きさが非常に魅力となっています。
オンラインカジノは、このように一攫千金を目指すことができるようなジャックポットから、頭脳戦で手堅く勝つことが出来るようなブラックジャックなどのゲームも存在します。これらのゲームでは安定して手堅く勝つことも出来ますので、年収一千万以上を安定して稼ぐことが出来ているプレイヤーも存在します。
このように、勝てる金額が大きいので、それだけで稼げるというのが大きな魅力となっています。

いつでもできるオンラインカジノ

オンラインカジノの魅力として、いつでも楽しむことが出来るという魅力があります。
オンラインカジノは、インターネットのサイト上で楽しむことが出来るギャンブルです。
このため、インターネット回線さえあれば、いつでもどこでも楽しむことが出来るのが魅力です。

たとえば、自宅でゆっくりと楽しむのも良いですが、ネットカフェなどでも楽しめますし、移動中や滞在先でも楽しめます。
さらに、24時間いつでも時間を問わずに遊べるのも魅力です。仕事から帰って一息ついた後にも手軽にゲームが出来ますし、寝る前の時間帯などを生かして遊ぶことが出来ます。
自分のライフスタイルに合わせて、手軽に楽しめるのが、オンラインカジノの魅力となります。

パソコンやタブレット、スマートフォンなどで手軽に楽しめますので、営業時間にお店に行ったり、開催日に出かける必要がありません。
また、周りの騒音なども気にせず、一人の世界に没頭することが出来るのも大きな魅力です。

オンラインカジノのペイアウト率とは?

ギャンブルをする上で、気にしておきたいのがペイアウト率です。ペイアウト率は、そのゲームでどれだけプレイヤーに還元されているのかという勝ちやすさの目安になります。
オンラインカジノのペイアウト率は約97~98%程度になり、これは、ギャンブルの中でも、かなり高めのペイアウト率になります。
日本の公営ギャンブルである、パチンコや競馬などはペイアウト率が75~80%であることを考えると、それだけ勝ちやすくなっていることが分かります。
オンラインカジノは、テナント料が必要がありませんし、またプレイヤー数も全世界に8000万人ほど存在しています。人件費もかからないため、それだけ多くの金額をプレイヤーに還元することが出来るという強みがあります。
ギャンブルが好きな方や、できるだけ勝ちたい方はオンラインカジノは、それだけ勝てる可能性が高いので、ぜひチャレンジしてみる必要があります。

オンラインカジノの仕組みとは?

オンラインカジノは、オンラインカジノが認められている国において、ライセンスが発行された上で、運営されています。
さらに、ソフトウェア会社が、オンラインカジノのソフトウェアを提供し、さらにプレイヤーとオンラインカジノ業者の間に、決済会社が入り、資金の管理や、決済の管理を行っています。
オンラインカジノは、プログラムを運営しているのは運営業者ですが、様々な企業がこのように絡んで運営されています。
さらに、大手の監査機関によって、不正がないかどうかがチェックされているので、安全性が高くなっています。

オンラインカジノについてのあれこれ

ライブゲーム

オンラインカジノって何?

オンラインカジノは、華麗なカジノの世界を、インターネットのオンライン上で体験することが出来る、ギャンブル・ゲームです。
オンラインカジノは、海外において運営されており、ほとんどが英語ですが、最近では、日本語の対応サイトも続々登場しています。このため、日本人プレイヤーの数もどんどん増えています。
オンラインカジノは、初心者でも一攫千金を目指すことが出来ますし、さらに色んな数百種類のゲームを体験できるという魅力があります。
鮮明なグラフィックや、美しいサウンドなどを楽しむ事が出来て、臨場感溢れるプレイを体験することが出来るのです。
最近では、マルチプレイヤーシステムや、ライブカジノなどもあり、生中継でディーラーと実際にやりとりをしながら楽しむ事が出来たりとオンラインということを忘れるほどの、リアルな体験をすることが出来るのも特徴です。

スマートフォンカジノ

いつでもどこでも遊べるオンラインカジノ

オンラインカジノは、このようにリアルマネーを賭けて楽しむギャンブルですが、いつでもどこでも楽しめるのが魅力となっています。
24時間、365日いつでも遊べるので、営業時間を気にせず、いつでもトライすることが出来ます。
在宅で楽しめるのはもちろんですので、寝る前などのちょっとした時間を生かして遊べますし、移動中や出張中でも楽しむ事が出来ます。
パソコンだけではなく、インターネット環境があれば、タブレットやスマートフォンでも楽しめますので、休憩時間などを利用して楽しめるのも魅力です。
忙しい現代人にはぴったりのギャンブルとなっています。
また、お店にわざわざ訪れなくても良いので、周りの目を気にせず楽しめるというメリットもあります。
周囲に知られたくないという方や、一人で楽しみたいという方も、家族にばれずに楽しめるのも大きな魅力なのです。

仕組み

オンラインカジノの運営と仕組み

オンラインカジノの運営に関してですが、イカサマや詐欺業者が運営をしているのではないかと思われがちです。しかし、実はそうではなく、オンラインカジノは、オンラインカジノが認められてる国において、正式にライセンスが発行された上で、運営されています。
オンラインカジノの運営業者は、高いライセンス料を払い、長い期間を経て、これらのライセンスを発行された上で運営されているので、それだけ厳しいチェックをされた上でのサイトになりますので、安全性は確立されているといえるでしょう。
また、ライセンスが発行されればそれで終了というわけではなく、その後も大手の第三者である監査機関で、抜き打ちでチェックがされています。
監査機関の監査では、不正がないかプログラムの改ざんはないか、ペイアウトがなされているかどうかなどのチェックが入りますので、不正があれば、この時点でライセンスが失効となってしまいます。
このため、大手のオンラインカジノサイトは、これらの厳しいチェックをくぐり抜けてきた信頼性の高いサイトばかりですので、安心して遊ぶことが出来るといえるでしょう。
また、オンラインカジノは、ソフトウェア会社がゲームのソフトウェアを提供しており、プレイヤーとオンラインカジノの運営業者の間には、決済機関が間に立ち、プレイヤーの保護や、決済などの資金管理を行っています。
運営業者は、カジノサイトを運営していますが、それに当たってのプログラムや、資金管理は他の業者が行っています。このように、オンラインカジノは、さまざまな企業によって運営がなされているのです。

よくある知る質問

オンラインカジノの違法性合法性

オンラインカジノは、日本で遊ぶ場合には、違法ではないのか…と思われています。しかし、オンラインカジノは、日本の法律に具体的に明記されて居ないので、法律的にはグレーゾーンと考えられています。
オンラインカジノは、海外の業者が運営をしていることから、日本人がプレイをしたとしても、日本の法律で裁くことが出来ないという側面もあります。このため、遊ぶ分には、問題がないといえるでしょう。日本人が海外のカジノで遊ぶのと同様に、日本の法律だけで取り締まることが難しいのが現状です。
今後は、カジノが解禁され、オンラインカジノでも、問題なく遊べる日が来るのではないかと考えられています。

オンラインカジノと他のギャンブルとの違い、その問題点

オンラインカジノは、その他のギャンブルとどう違うのでしょうか。オンラインカジノは、いつでもどこでもできて、さらにはペイアウト率が高いという魅力があります。
そのペイアウト率は、97~98%程度ものペイアウト率であり、非常に高い還元率を誇っています。
他のギャンブルとは違い、いつでもどこでも24時間できるという魅力もあることから、ギャンブル中毒になってしまうという問題点も抱えています。
今は、ギャンブルなどの依存症が社会問題となっていますので、オンラインカジノの依存症に関しても、注意が必要といえるでしょう。

様々なブラックジャックの攻略法

ブラックジャックのカウントは効果があるのか

カードのカウントは、ブラックジャックにとって有効な方法で、カウンティングという名称で使われます。数字をカウントして、どの数字が残っているか判断する方法です。残っている数字をわかっているなら、後はどの数字が残されているかチェックして、自分が負ける可能性を減らすために行います。しかしカウンティングが上手くできないように、オンラインカジノで操作していることもあります。

そもそもカウンティングNGのオンラインカジノも

ライブゲームでは、不必要にメモを取るなどの方法を使うと、何かしていると判断してゲームが中断される可能性があります。メモを取っている場合、カウンティングされていると判断して中止し、結果的にアカウント凍結などの問題が起きてしまいます。NGとされている行為の場合は、カウンティングによるメモを使う方法は駄目です。
しかしオンラインカジノのディーラーは、画面の外で行われていることなど知りません。確認する方法も用意していませんから、結果的に知られることはないでしょう。ただメモを取っていると思われるなどの問題は、基本的に気づかれる可能性もあります。数字がわかった上で勝負をするなら楽ですが、そのリスクもあることは理解してください。

ブラック・ジャックのカウンティングが通用しないケース

一方で、カウンティングを認めているのに通用しないケースがあります。この方法は、ブラックジャックに使っているカード枚数を意図的に増やし、その枚数を増やしたことでわかりづらくする方法です。オンラインカジノの場合、多くのユーザーがプレイしていると判断して、トランプの枚数を多くする傾向があります。大量に持っているなら、持っているトランプの半分くらいを使えばいいだろうと判断して、シャッフルして使う枚数だけ残しています。
カウンティングをしても、使われている枚数がわからないままとなり、どの数字が何枚残っているか把握できません。ライブゲームでは特に影響が強いとされています。オンラインカジノのプログラムで行われているものも、枚数がかなりわかりづらく、カウントは難しいです。

オンラインカジノでは使わないほういいかも

用意されている方法ではありますが、ルール違反とされてしまうこと、そもそもカードの種類がばらばらになっていることを理解してください。ブラックジャックは、カウントすれば間違いなく勝てるだろうと思われますが、実際の勝負では枚数が多くなり、特定の数字が大量に残っているケースもあります。

ブラックジャックのダブルダウンを理解してプレイを

ブラックジャックで一気に利益を作りたいなら、ダブルダウンを覚えなければなりません。このシステムを理解していると、一気に増やせる可能性を持たせる他、ルール上失敗が起こりやすい場面もわかります。特にカードを1枚しか引けないというルールは、ダブルダウンに起こりやすい問題を生みました。

ダブルダウンはカードを1枚だけ貰う代わりの利益を得る

ブラックジャックは、複数枚のカードを引いても構いませんが、カードを引いている枚数が多ければ多いほど失敗の可能性もあります。突然バーストするような高い数字を引いてしまう可能性もあり、負けてしまう可能性も結構出て着やすいのです。ブラックジャックでは、カードの枚数を固定する代わりに、利益を増やす方法を使って勝負するパターンがあります。これがダブルダウンというもので、金額を2倍にする代わりに、カードを1枚だけ引いて勝負します。
このダブルダウンは、カードを必ず引くことになりますから、20などの状況で勝負をしても駄目です。20の状態でスタートするなら、まずスタンドという方法を取ってキープしましょう。ダブルダウンはカードを引いて、それから勝負する金額が2倍になりますが、カードを引いた時点でバーストしているので、単純に損をしています。
ある程度小さい数字で、絶対にバーストしない可能性のあるタイミングで行う方法と思ってください。つまり12以上では使えない方法となりますから、必然的に11以下で使う攻略法です。

ダブルダウンを使う理想的な数字は9から11の間

一応7などの数字でも活用できますが、このような数字で勝負をしても、全く勝てる可能性が高まることはありません。1枚だけ引いて2が出てきたら、この時点で9しかなく、相手の数字に関係なくほぼ負けてしまいます。ダブルダウンを使う場合は、最低でも9が必要になります。
9から11の間なら、カードを引いてもバーストする可能性はありません。Aを引いたとしても、11なら12として扱えばバーストはありません。つまりこの数字ならバーストして負けることはないので、後は引いてくるカード次第となります。
絵札を引いても最低で19、最大で21まで狙えるようになる範囲ですので、ダブルダウンで勝てる可能性が高まります。できることなら範囲を決めて、その中でダブルダウンを使ってください。間違っても14以上や7以下で使うことがないように心がけ、タイミングをしっかり図っての勝負に踏み切ります。