ネッテラーに一番近い電子決済サービスエコペイズは果たして使えるのか?


2016年9月15日に、ネッテラーを使用したオンラインカジノの入出金が出来なくなりました。それまでオンラインカジノで遊ぶ場合、ネッテラーという海外の決済サービスを利用することがほとんどだったため、カジノプレイヤー達はどうにかしてネッテラーに代わる電子決済サービスを探そうとしました。そして見つけたのがこのエコペイズです。エコペイズは多くのオンラインカジノの入出金に対応しており、汎用性があるイギリス発の電子決済サービスです。今回の記事ではそんなエコペイズが、果たして本当に使えるサービスなのかをご紹介したいと思います。

エコペイズの運営元

エコペイズの運営元は、イギリスの企業「PSI-Pay Ltd.」です。英国金融行為規制機構の電子マネー部門の許可を受けて運営しています。長たらしい名前で、逆に何をしているのかよくわからない機構ですが、簡単に言えば、日本の金融庁と同じ組織です。つまり、金融庁公認の電子決済サービスだと考えるとわかりやすいでしょう。政府が統制しているので、その安全性や公平性に関しては安心できるのではないでしょうか。

日本語サービス

オンラインカジノは、基本的には海外のサービスです。それに伴って使用される決済サービスも、やはり海外のサービスです。
逆に、日本国内の決済サービスを使ってしまうと、それは賭博法違反になってしまいます。しかし、だからといってそのサービスが全て英語だと、日本人の私たちからすると敷居が高いですよね。
しかし、エコペイズであれば日本語サービスが付随しているので、日本人でも安心してサービスを利用することができます。また、何らかのトラブルがあった際に、この日本語サービスを利用することによって、安心して質問したり、トラブルの対応をしてもらうことができます。

エコペイズが使えるカジノ

エコペイズは、様々なオンラインカジノで使用することができる汎用性の高い決済サービスです。エコペイズが利用可能なオンラインカジノの例を挙げると、ネットベットカジノ、ロイヤルベガスカジノ、ベラジョンカジノ、ジャックポットシティカジノ、インターカジノ、エベレストカジノ、スピンパレスカジノ、インペリアルカジノ、モンテカルロカジノ、ウィリアムヒルカジノ、ジパングカジノ、カジノジャンボリーなどです。多くの方が使用している大手のオンラインカジノの多くが対応しているといえるでしょう。

まとめ

エコペイズはネッテラーに代わって使用できる非常に有効な電子決済サービスだといえます。運営元企業の信頼性や、セキュリティ面、そして日本語対応の面や、使えるオンラインカジノの数など、様々な角度から見て、優秀な決済サービスです。