資金管理がしやすいオンラインカジノ


ギャンブルで最も恐ろしいのは、資金管理ができなくなり、自分の持てるお金をすべてギャンブルに費やしてしまい破産することです。中には、負けてしまったお金をなんとか取り返そうとして、借金で作ったお金をギャンブルにつぎ込み、結局負けてしまった挙句に借金が倍になるという人もいます。ギャンブル全般で最も恐ろしいのはこのようなことですが、オンラインカジノにおいては、このような「勢いに乗って賭けすぎて破産してしまう」ということは、考えにくいです。今回の記事では、その理由を説明いたします。

実際のカジノやパチスロでのお金の使い方

海外でのリアルカジノをプレイする場合、ディーラーに現金を渡しチップを購入します。その場合、カジノという独特の雰囲気に流されて不必要な分までチップを購入してしまったり、前回の賭けに負けてしまい、熱くなって購入するつもりがなかったチップまで購入してしまったりする可能性があります。
また、パチスロでも「もう少しやれば勝てそうだ」と感じてしまうとついつい予算以上のお金を入金してしまいます。こういったお金の使い方をするギャンブルは、次回に賭けるお金をその場で自分の財布から出すという形になるため、当初考えていた予算よりも多くの損失を出してしまう可能性があるのです。

オンラインカジノでのお金の使い方

オンラインカジノの場合は、ゲームで使用されるお金は全て事前に決済システムを通じて入金しておかなければなりません。そのため、入金した金額以上のお金をその場でBETすることはできないのです。
例えば、勝って負けてを繰り返した挙句、クレジットすべてを掛ける大きな勝負に出て、そこで負けてしまったとします。現実のカジノであれば、財布の中から現金を出して「もう一度大勝負」ということも出来ますが、オンラインカジノの場合は入金している額に制限があるため、すぐさまその場で「もう一度大勝負」と言うことはできないのです。大きな勝負をするためには、一度ゲームを抜けて入金をしなければいけません。入金の画面まで戻っているうちに、だんだんと頭も冷静になってきます。それ以前に、オンラインカジノは基本的にゲーム画面以外の場所は普通の環境です。
自宅でゲームをしているのであれば、パソコンやスマートフォンの画面から目をそらせばそこには日常があります。カジノやパチスロのような特殊な環境下で感覚を麻痺させる要素がありません。そういった意味で「熱くなりすぎて大負けする」というリスクは少ないといえるでしょう。

まとめ

ギャンブルで最も危険なことは「お金を賭けすぎて身を滅ぼす」ということです。しかし、オンラインカジノに関しては、事前に入金しなければならないというシステムや、あくまでも画面上のゲームであるという部分でそのような損失を抑えやすくなっています。