オンカジは合法でインカジは違法?違いは?


インターネットでカジノ楽しむ方法を調べていくと、オンカジというキーワードと、インカジというキーワードが見つかると思います。オンカジはオンラインカジノの略、インカジはインターネットカジノの略です。違いはオンラインとインターネット。ほとんど同じだと考える人もいるかもしれませんが、実は全く違う存在です。名称がややこしいのですが、法律上、オンカジは非常にグレーですが現在は黙認されている状態、インカジは法律上真っ黒で、逮捕の対象となる存在です。ではこの2つは何が違い、どの部分が法律に違反しているのでしょうか。

オンカジとは?

オンカジはオンラインカジノの略です。海外が運営しているカジノサイトが対象になります。プレイヤーは自宅のパソコンやスマートフォンなどを使用して各自でインターネットカジノサイトにアクセスして、プレイするという内容です。使用するチップは海外の決済会社を通じてそれぞれのカジノサイトに事前に入金するという形になります。

インカジとは?

インカジはインターネットカジノの略です。インターネットカフェなどに用意されたパソコンが海外のオンラインカジノのサイトつながっており、プレイヤーはそのインターネットカフェのお会計の際にチップを購入して、プレイするという形になります。

賭博法が適用される条件

日本にはギャンブルを禁止する賭博法という法律があります。しかし、この賭博法という法律は、「必要的共犯」に該当していなければ成立しません。「必要的共犯」とは、プレイヤー側もともと顔も、どちらも法律に違反しているという状態です。つまり、片方だけを罰することができないということです。

オンカジとインカジの違い

上記の「必要的共犯」と照らしあわせて考えると、オンカジの場合は、サーバーが海外にあり、胴元側の違反を立証することができません。サーバーが置かれている国でカジノが認可されていれば、それは日本の法律が及ばないのです。しかし、インカジの場合は、そのインターネットカフェがお金のやり取りを行っているため、賭博開帳際に当たり、カフェ自体が賭博罪の対象になります。ということは、「必要的共犯」の条件を満たすことになり、そこでプレイしているプレイヤーも罪に問われるのです。

まとめ

オンカジとインカジは名前が非常によく似ており、オンラインカジノとインターネットカジノという正式名称も似ているのですが、法律上は全く別物です。もしインターネットカフェを利用する際に「カジノのプレイが可能」と書かれていたら注意する必要があります。