オンラインカジノとは何か?日本で普及した理由は?

オンラインカジノの歴史はまだ浅く、生まれてから20年程度しか経っていません。世界で初めてのオンラインカジノが生まれたのは1995年です。
現在世の中には様々な娯楽が普及していますが、それらの中でも比較的歴史が新しいものだといえるでしょう。
カジノは、詳しく知らない人からすると、「危険なもの」というイメージがあるかもしれません。確かに、現金を賭けて外れればその現金を失うことになるため、非常にリスクが高い遊びです。それだけ高いリスクを伴うにもかかわらず、ユーザーが増え続けているのはなぜなのでしょうか。今回の記事ではその理由を検証してみます。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、その名前の通り、インターネットを通じてカジノで行われるものと同じゲームを実際のお金を賭けて楽しむことができるサービスです。日本ではギャンブルが禁止されていますが、海外にサーバーを置くことによって、日本人も日本国内にいながらにしてインターネットを通じてカジノのゲームを楽しむことができます。ギャンブルと言うと危険なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、有名なサッカーチームのレアルマドリードのスポンサーになっているのはオンラインカジノの運営企業です。
ヨーロッパではそれだけ爆発的な人気を誇っていると言えます。日本でもプレイヤー層が徐々に拡大しており、アニメのエヴァンゲリオンがモチーフとなったスロットなどもオンラインカジノのゲーム内に存在しています。ではなぜ、オンラインカジノはここまで普及することができたのでしょうか。

オンラインカジノの日本語対応


オンラインカジノは、基本的に海外にサーバーが置かれており、日本人向けに特化したサービスというよりは、世界各国のギャンブラーたちを対象としたサービスです。
しかし、中には日本人に対してのサービスに特化しているオンラインカジノも存在します。例えば、ジパングカジノというカジノは、日本語対応のオンラインカジノの中でも、特に日本人向けのサポートが充実しています。24時間日本語での電話サポートに対応していたり、表記をすべて日本語対応にすることができたりします。なんといっても、名前が「ジパングカジノ」です日本人向けに特化しているのもうなずけます。
オンラインカジノが流行り始めた頃は、日本語対応してないオンラインカジノは多く、英語が堪能な人でなければカジノを楽しむことができないという状態が一般的でしたが、現在では英語が話せなくても、全て日本語でサービスが受けられるので、日本でも普及速度が早まっています。

まとめ

オンラインカジノは、インターネット上でギャンブルができるサービスで、日本国内で認可されていないギャンブルでも、海外のサーバーを経由することによって楽しむことができます。日本語の表記や日本語のサポートなどといった対応も進んでいるため、日本での普及も広がりを見せています。